依頼しなくても行える

リフォーム

例外は一つだけしかない

原則として、リフォームは特別に建設業者に依頼しなくても行うことができるものです。 これは、日常生活を考えるとわかりやすいです。 例えば、台風や地震などの自然災害によって外壁が崩れたりペンキが落ちてしまったときには自身でその補修を行うことがあります。 このような補修をしてはいけないとなると、何をするときであっても法律に違反してしまうことになるのです。 当然ながら、法律ではこのようなリフォームを禁止していませんし積極的に行って構いません。 リフォームに関して専門的な業者が携わらなくてはいけない例外はたったの一つで、それは必要以上に費用がかかる場合だけです。 費用が大きくなるときには、資格を持った業者に改築を相談しなくてはいけません。

費用を小さくすれば業者は必要ない

リフォームは、昔からその住宅で暮らしている人たちが行って良いものです。 しかし、必要以上に規模が大きな工事を行ってしまうと周囲の迷惑も考えなくてはいけません。 例えば、住宅内部の内装や外部の外装の変更だけであれば問題ありませんが配水管などの設置となると色々な制限が付いてしまいます。 周囲の許可だけではなく自治体の確認を取らなくてはいけない場合もありますし、安易には作業が出来なくなるのです。 実際に過去にはそのようなトラブルがあったために、法律によってリフォームにかかる費用という基準を用いて制限を設けたのです。 具体的には、リフォームで500万円以上のお金がかかるときには建築として分類されることになります。 リフォームをするときにはこの点だけ注意をしておかなくてはいけません。